目標設定が苦手なあなたへ・2022年版

明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

やりたい仕事ができるというのは、周囲の健康、そして協力あってこそだなと痛感しています。
今年はさらに経営者・ビジネスパーソンのお役に立てるよう精進したいと思います。

目標設定が苦手なあなたへ・2022年版

さて、成果を変えたいなら、まずは「今までと違った行動・選択」をすることですよね~
(と、自分にいいきかせるつもりで書いています)


目標なんて既に考えたよ!という方も少なくないと思います。
目標って、今よりもっとよくなりたい!自分を変えたい!
という向上心の現れですから、気になる時点でとっても素晴らしいこと^^

でも一方で

目標設定って苦手…!

という方も決して少なくないと思うんです。

なぜって私自身そうですから。
何に対しても目標設定って大事ですが、仕事効率化(整理術)では特に要になるポイントのため
目標設定のコツを講座でご紹介することはとても多いのですが

私も苦手。と話すと、よくホッとされます。

10年後、3年後の未来とか言われてイメージできますか?

私は、将来からの逆算が苦手な「展開型」ですが
日本人の10人に7人は展開型だという話を聞いたことがあります。
大きな未来からの逆算が苦手なら、目の前の小さな目標を小刻みに立てるのが好ましいんですって。

大きな目標を考えてみたけど、やはりイメージできない私は

・2021年の年始に立てた10個の小目標の振り返り

・2021年良かったこと10個

・2022年向けの10個の小目標

を書いてみました。

2021年の正月に立てて、達成できていた項目は10個中4個。
達成したり、別に興味が出たりで、2022年へのくりこしが意外と少ないことに驚きました。

恥ずかしながら
私はつい最近まで数値目標は遠ざけていました。
未達だという事実がハッキリ自覚してしまうのが、どうやら怖かったみたいですね・・・

でも、去年ごろから前年度の2、3割増しの売上目標を考えはじめたところ
いつのまにか達成できていたのにはビックリです。

数字目標、怖いものではありませんでした。
ひょっとしたら、現状をあいまいなまま放置するほうがストレスかもしれません。

数字に引っ張られて目標達成してしまう効果

尊敬する地元の女性起業家の講演会では

「必ず売上目標は数字で立てること。そうすれば、立てた数字に引っ張られて実現するから」

という一言が、すごく印象に残っています。
意識する=意識に沿った行動をする なのかもしれませんね。

ということで、
無理に目標を作らなくてもいいし、
よりよい1年にしたいと成長を狙うなら、考えてみるのもあり。

どうせ立てるなら、ご自身にあった方法のほうが実現しやすいですよね!

展開型の人がちょっとラクになる目標設定

・ちょっと背伸びした目標を小刻みに

・1割増~3割増しの数字を目標に入れてみるのも手(できたできないの判断が明確になる)

・3倍以上の数字は、イメージできず達成できないので避ける

あたりがお勧めです。

元旦に立てた目標の85%が1/15までに挫折する・・・とかいう話を聞いたこともありますから。
目標を立ててみたけどなんとなくしっくりこない場合に、しっくり度をあげる参考になれば嬉しいです^^

ここまでお読みくださりありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)