あなたは生涯、どれくらい本を読めますか?

紙類は仕事でもプライベートでもお悩みNo.1。

捨てればいい、と考えようとしたって
そう簡単にはいかないのが普通ですよね。

大量の書籍や書類が手放せない、というクライアントのために

今 既にお持ちの書類や書籍って目を通しきれるだろうか?
と考えてふと

読むのにかかる時間を試算してみようかな~?と
思い立ちました。

(簡単)試算の例

コピー用紙の一般的な厚さを調べると約0.09mm。

わかりやすくするために仮に0.1mm
目を通すのに、片面1分と仮定しましょう。

 

書類30cmの山
⇒ 3000枚/分= 50時間

厚紙とかクリアファイルとかも交じるので
実際にはこれより少ないと見込まれるものの

物によっては両面もありますから

寝ずに2日と2時間ですか…(^^;

 

一般的なオフィスシェルフの幅って90cmありますので
シェルフにすき間なく立てかけられている書類1列をチェックするなら

3倍の150時間。

 

書籍や雑誌1列であれば、表紙分を差し引いても

⇒8000枚/分x2(両面)=267時間

 

これどうしよう、と選別を迷った場合や、一旦行方がわからなくなり探したりしたら
2回以上目を通すことになりますよね!

 

(1日の書類購読時間)または(1日の書類チェック時間)
x 365日 x 平均余命の年数
= 生涯購読時間

といった数式も?!
思いつきですが…

あなたは既にもっている書籍に、目を通しきれますか?

紙は選別に時間がかかり、効果も感じにくいということは
感覚で知っていましたが

数字にしてみるとかなりリアルですよね!
ぜひ計算してみてください。

周囲への説得材料にも使えそう・・・

 

限られた時間を使うのにふさわしい書籍や資料だけを残したい。

なるべく探さない
何となくで、もらわないようにしていきたいものですね。

今日もここまでお読みくださり、ありがとうございます。

【無料】忙しい事業主が時間とお金を捻出できる整理術メール講座

時間・金銭・精神のムダを省き、あなたの業務効率を0円で上げるコツを【無料】でご紹介。メール講座に沿って作業いただくだけで、あなたのデスク周りがスッキリ!やる気維持にもご活用ください。
← 左のバナーをクリックして、メール講座を無料でゲットできます♪

メール講座の内容など、詳細はこちら 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です