テレワーク導入で優秀な人材獲得・離職率ダウン・販促につながった事例

埼玉県でもテレワークのポータルサイトを開設されているのを見つけました。
地元情報がコンパクトにまとまっています。特にテレワークできる地元スペース情報って有難いですよね。
小規模事業主の身近なテレワーク導入事例もあります。

テレワークの事例で取り上げられやすいのって、どうしても大企業が多くなりがち。
予算などに制約がある、10名前後~それ以下の企業さんの事例って意外に貴重だと思います。

最近やりとりしている方から伺った、意外なテレワーク成功事例

①新規マーケット開拓につながった(士業事務所)

長年東京の士業事務所で働いていて、ご家庭の事情により大阪へお引越。
有能な方だったため、引越前にフルリモート(テレワーク)はどうかと打診されたそう。
お引越し後も事務所のサーバーへログインし、今までとほぼ変わらぬ形で仕事ができている。

大阪では彼女自身が顧問先を新たに3件ゲット。
今までの顧問先は東京都&周辺だったため、思わぬ新市場に本社の皆さまから大変喜ばれている。

 

②従業員が別の得意分野で、予想以上の大活躍(医療機関)

しばらく東京での医療機関で働いていたが、配偶者転勤に伴い人口少なめの地方にお引越しすることになった。

もともとITスキルに長けた方だったため、医療機関で今までやりたいと思っていたけれど
着手しきれていなかったFacebookやインスタ等のマーケティング戦略・メール対応など、
場所に関係なく対処できる作業で実力を発揮。
今では医療機関に通って勤務されておられたころより、稼いでおられるらしい。

③全国から優秀な人材を獲得。海外からもクライアントが!(IT教育業)

コロナ禍により優秀な人材があぶれている。web業務のアルバイト求人広告を出したところ
本社は埼玉だが、千葉・香川・関西方面から優秀な人材を獲得できて驚いた。特に主婦のスキルが高い。
アルバイトはフルリモートだが、IT業務で社員向テレワークの環境をすでに持っていたため、業務はまるで滞りなく回っている。

オンラインのため、海外からもクライアントが徐々に獲得できている。
数年後に日本に帰る駐在員さまのご利用が多い。日本へ戻ったときに教育面で遅れをとりたくない!という
熱心で非常によい顧客層となっている。
次なる課題はホームページの英文対応。ワールドワイドに活動を広げていきたい。


従来なら退職せざるを得ないケースでも、働き続けることができて
有能な人材の離職を防げる世の中になっていて、全員分のデスクがなくても優秀な人材を雇用できるんだ!

と 改めて考えさせられました。

 

いろんなテレワーカーからお話を伺いましたが、総じて労働者サイドからは好評のようです。
コロナの情勢が見通せない中で、テレワークは今後の働き方として、さらに注目されていくでしょう。

もちろんテレワーカー側にも
仕事や時間を自己管理できる姿勢・高いコミュニケーション能力が問われることはいうまでもありません。


◆県のテレワーク推進支援業務に携わっており、たくさんの経験談を伺いたいと思っています。
士業さん・IT系で20名以下のオフィスでのテレワーク導入したご経験のある方、特に大歓迎です!!
協力しても良いよという方は、ぜひzoomインタビューにご協力ください。

ここまでお読みくださりありがとうございます。

【無料】忙しい事業主が時間とお金を捻出できる整理術メール講座

時間・金銭・精神のムダを省き、あなたの業務効率を0円で上げるコツを【無料】でご紹介。メール講座に沿って作業いただくだけで、あなたのデスク周りがスッキリ!やる気維持にもご活用ください。
← 左のバナーをクリックして、メール講座を無料でゲットできます♪
メール講座の内容など、詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)