経費の無駄の数値化が、利益を上げる第一歩

新型コロナなどの影響で、なかなか売上や収入が伸びないのに
出るものばっかり出てく・・・とふと、焦ることってありませんか?

特別定額給付金は遅れがちな一方で、納税書類ほど早く手元に届きますしね(汗)

わからないものほど、つい多く見積もってしまう もの、
と 先日朝会でお話を伺い なるほどなって感じました。


不安を解消するためには、まず現状把握が第一。
現実を直視するのってちょっと怖い気がしますが

●お金
●時間
●期限

といったものは数値化してみると、意外と安心できて対処策を考えやすくなりますし
本気で何とかしよう!という気になれますよね。
さらに、他人に対しては説得力を増すこともでき、協力を得やすくもなります。

(計算式)1日15分探し物(データ探し)で無駄にしている時間と人件費

■たとえば、1日15分探し物(データ探し)をしているなら

15分x365日 = 5475分(=91時間)

つまり、年間3.8日寝ずに探す計算になります。旅行行ったほうがマシ・・・

 

■仮に従業員10名が15分探していたとすればその10倍。侮れない数値になります。
年間250日勤務、10名が15分探すと仮定して、そこに時給をかければ算出できますよ。

0.25時間x250日x10名x1200円(時給) = 750000円

そんなことに時間をかけるなら、売上upへの活動に集中してほしいものです・・・

(計算式)ふさがれているスペースに払っている家賃

■無駄になっている家賃は、ふさがれているスペース(%)に家賃をかければ簡単に算出できます。
家賃1か月30万、オフィススペースの3割(3部屋のうち1部屋)に段ボールが積まれるなどして使えていない場合は

300000x0.3x12(か月)= 1080000円

 


年間108万円の無駄家賃・・・物を整理すれば、もっと賃料の安い場所に引越しもできますね。

(計算式)知らぬ間に買ってしまっている備品代

 

●未使用のペン
100円x15本=1500円+税

●未使用のふせん
100円x20パック=2000円+税

●未使用のA4方眼ノート
400円x20冊=8000円+税

●未使用の宛名ラベルシール
1200円x10パック=12000円+税

 

1つ1つは一見大したことなさそうに見えますよね。でも
数名いるオフィスなどで、これが積み重なると案外あなどれません。

「使うかも」と以前買ってしばらく放置していると、忘れてついまた買っちゃったりするという話は
しばしば耳にしてきました。

また、Aさんが発注をしていたことを知らず Bさんがまた発注してしまう
Aさんの手元に既にあったり、届いて置いた場所を、Bさんが知らずにまた発注してしまう
といった、「情報共有」「見える化」ができていないことによる無駄 もよく発生します。


売上収入が伸び悩む時期でしたらいっそう、経費を削減して利益を上げたいもの。
そのためには整理作業をして、どこに何があるのか 何をいくつ発注しているのがわかる仕組みが必要です。
整理作業は低コストで済むうえ、やれば成果がすぐに出ます。

今あるものを最大限に活かしながら、この難局を乗り切っていきましょう!

【無料】忙しい事業主が時間とお金を捻出できる整理術メール講座

時間・金銭・精神のムダを省き、あなたの業務効率を0円で上げるコツを【無料】でご紹介。メール講座に沿って作業いただくだけで、あなたのデスク周りがスッキリ!やる気維持にもご活用ください。
← 左のバナーをクリックして、メール講座を無料でゲットできます♪
メール講座の内容など、詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)