究極の時短=他人に任せること。そのために必要不可欠なのが「言葉の定義」

っていうと大げさなタイトルですし(笑)自戒含む、なのですが
今、親しくして頂いている経営者さんたちから、共通してお伺いしているコツです。

 

それはズバリ、

「他人に任せること」

 

当然ではありますが、他人に何かを任せればその間
自分は別のことができるので、物事が速く進みます。

他人に任せて時短を狙うなら「情報共有」が要

仕事でも家事でも、明確に指示できたりしばらく任せていると案外
自分よりも上手にやってくれたりするんですよね~
最近、特に長男のパフォーマンスが上がってきて、ホンマ助かってます・・・

もっとも、期待どおりにならないことも多々ありますし
伝え方・接し方にはコツが必要ですが

自分が手を下さなくてもコトが進むことに味をしめると、どんどん任せたくなって
成果も上がりやすくなるのかなと。

そのためには、こちらが期待する状態・仕事に要する情報が相手にしっかりと伝わる
つまり「情報共有」が不可欠になります。

情報共有として非常に有効な方法は

【言葉の定義】【環境づくり】

 

 

今日は【言葉の定義】を取り上げましょう。

※「環境づくり」編はこちら。
⇒ 究極の時短=情報共有のための環境づくりで、他人に動いてもらえるコツ

例えば「片づけ」という言葉。

「片づけなさい」とただ相手に伝えるだけでは、あなたの狙った結果は出ません!
と断言できます。

 

「片づけ」という言葉だけは一般的ですが、人によって抱くイメージは実にまちまちなんですよね~
どういう意味だと思います?と、たずねてみると

・「断捨離(捨てる)」だったり
・「ホコリをはらう(掃除)」だったり
・「収納グッズを買う」だったり
・「モノを端に寄せる」だったり

実に多彩なんです。

 

私も、片づけられなかった時代は

「片づけ=すき間にモノを突っ込む」

とイメージしていました(汗)

正解は

「使ったものを、元置いてあった場所に戻す」

です。

 

私は家族に対して片づけを促すときには、少しアレンジして

「床置きをなくす」
「使ったものを定位置に戻す」

の2点を徹底的に伝えています。

 

まとめ

ということで、究極の時短は「他人に任せる」こと。
そのためには「情報共有」をして、【言葉の定義】もしっかり行う。

ぜひ、あなたの理想の状態を言語化して相手に伝えてみてくださいね♪

別の機会に、情報共有のための【環境づくり】のコツもご紹介します。
今日もここまでお読みくださり、ありがとうございます!

【無料】忙しい事業主が時間とお金を捻出できる整理術メール講座

時間・金銭・精神のムダを省き、あなたの業務効率を0円で上げるコツを【無料】でご紹介。メール講座に沿って作業いただくだけで、あなたのデスク周りがスッキリ!やる気維持にもご活用ください。
← 左のバナーをクリックして、メール講座を無料でゲットできます♪
メール講座の内容など、詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)