【お悩み上位】PCデータを楽にバックアップする方法

こんにちは、仕事効率化サポーターの山口香央里です。
今日は久しぶりにデータ管理の話題です。

紙の話をしているといつの間にか、PCデータの話になっていることも少なくありません。
ご自身で文書を作る方が紙の整理を考えるときって

データ、避けて通れないんですよね(汗)

PCデータのバックアップ、どうしてる?

で、PCデータ整理をサポートするときに、よくきかれる質問最上位の項目の1つが

「バックアップ」

なんですが

 

どうされてます?

 

もし取るなら、考えられる手法はいくつかあります。
ある程度の規模感の組織でしたらまた別だと思いますが、中小企業や個人事業主、個人宅ならたとえば

 

1 外付けのハードディスクやUSBで、自力で定期的にバックアップをとる。

2 バックアップサービスを取扱う業者に申し込む

3 クラウドストレージ(保存)で同期させる

 

といった方法がありますね。

これ、デジタルデータの管理については特に言えることですが
どの方法にもメリットデメリットがあるので

結局何かのリスクを取ることになる、と覚えておきましょう。

 

結局、あなたが何を優先したいかによる。

例えば

1 外付けハードディスクのメリットは、インターネットを介さないので情報もれのリスクが減らせる
動画などの大きなデータも保存できる。

一方で、自分で意識して定期的に操作を続ける必要があるため
バックアップを忘れたり複数のバージョンが混在して、最新がわかりにくくなる恐れがある。

3のクラウドサービスは1とメリット・デメリットが逆転する…

といった感じでしょうか。

 

バックアップだけでもいろんなサービスがあって迷わされます。
どの方法でも、ラクに続けられさえすればOKですが

あなたが絶対実現したい条件は何?
ここでも事前にしっかり、判断の軸を「決めておく」必要がありますよ。

ズボラーの救世主は「Dropbox」だった。

ちなみに私はDropboxの有料版を使っています。
私にとっての最優先条件は

「放っておいても常時バックアップが取れている」

でした。

外づけハードだと絶対忘れて続かないって分っているので…

 

Dropboxへ移行できたことで
紙を印刷したり、持ち歩く量が激減しました!

 

いつでもクライアントに必要資料・写真をその場で探してパッと見せられるので、満足度はかなり高いです。
紙に悩んでいるクライアントには極力、紙を渡したくないですし・・・
私にとってはお金を払う価値十分!です。

PCのお引越しもめっちゃスムーズでしたので
万一、PCに不具合が起こってもこれで安心だなって思います。

 

クラウドストレージの中で私がDropboxを選んだ理由は、長くなるので別の折に。
あるいはセミナー等で直接お目にかかれたときに聴いてください(笑)

あなたにとってのベストが見つかりますように^^

 

今日もここまでお読みくださりありがとうございます。

 

↓↓もう読んだ?あなたの自由に使える時間を増やす【無料】メール講座

無料メール講座お申込みフォーム
お名前??*
メールアドレス??*

 

【無料】忙しい事業主が時間とお金を捻出できる整理術メール講座

時間・金銭・精神のムダを省き、あなたの業務効率を0円で上げるコツを【無料】でご紹介。メール講座に沿って作業いただくだけで、あなたのデスク周りがスッキリ!やる気維持にもご活用ください。
← 左のバナーをクリックして、メール講座を無料でゲットできます♪
メール講座の内容など、詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)