年賀状にお困りの方へ:保管期限と処分方法

ヤマグチ宛に年賀状をお送り頂いた皆様、いつもありがとうございます♪
嬉しく拝読させていただきました^^

で 年末年始、よく尋ねられる質問ではありますが

年賀状、どうしてる?

さて、どうされてますか?(笑)

 

これには正解はありませんので
不必要にためこみたくなら、マイルールが必要なんです。
逆にいえば、自分で都合よく決めていいんですよ^^

 

迷わないためにオススメなのは

・保管期限
・処分方法

を決めておくこと。

 

書類の講座で、よく受講生に尋ねてみるのですが

「ない(来たら処分)」
「1-2年」
「10年」
「永年」

と、保管期限もいろいろなんです。

 

使用目的を考えれば自ずと答えが見えますが
たとえば

・翌年度の年賀状準備
・連絡先チェック

位でしたら1-2年で十分コトが足りますし

 

・思い出

でしたら永年?という感じです。

私は通常2年分と区切っていますが
故人の直筆が入っているなど、永年も数枚あります。

 

それから、引越し・移転などで、相手方の連絡先が変更となっている場合には
受け取ったらすぐ宛先データ変更もしてしまいましょう。

年末 改めてチェックする必要がなくなり、ラクできますよ。

そして気になる、年賀状の処分方法

これは皆さん、断捨離どうしよう・・・と苦労されているようですね(^^;

年賀状は個人情報のかたまりなので
無造作にポイっだけは 避けたいところ。

久々にwebで処分方法を調べてみたところ
メジャーに感じたのは

 

・シュレッダー(但し手間かかる)

・手でやぶる(子供に破らせる)
 そして数回に分けてゴミに出す。

・数十枚束ねてアロンアルファを流し込み
ガムテープでぐるぐる巻きにして不透明な袋でポイっ

 

ほとんどの郵便局が年賀状回収ボックスをやめているらしいのは
残念なのですが

 

都内ですと一部ナチュラルローソンに

「個人情報書類回収BOX」

があるんですって。ビックリ!

 

事業主でしたら

個人情報を安全に処分する「書類溶解サービス」に
まぎれこませる手もありそうですね^^

今日もここまでお読みいただきありがとうございます。

【無料】忙しい事業主が時間とお金を捻出できる整理術メール講座

時間・金銭・精神のムダを省き、あなたの業務効率を0円で上げるコツを【無料】でご紹介。メール講座に沿って作業いただくだけで、あなたのデスク周りがスッキリ!やる気維持にもご活用ください。
← 左のバナーをクリックして、メール講座を無料でゲットできます♪
メール講座の内容など、詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)