公開Q&A「あちこちから同種の品が。どうしたら?」

受講生からとてもナイスな質問を頂きました。

作業をしていくと確かに!といった内容ですので
ぜひ参考にしてくださいね♪

======================

実際の片づけ作業を行うとき (一気ではなく、1日30分とか少しずつ進める場合) の質問です。

同じモノが複数の部屋に点在しているのですが

それぞれの場所で減らし、分類する時に
同じカテゴリーのものは出来る限り、同じ部屋に移動しまとめておいたほうが良いでしょうか?

それとも、その後の配置決め作業まではそれぞれ、元の所に戻した方がよいのでしょうか?

======================

山口コメント:

ご質問ありがとうございます。
一気に作業を進めるのってなかなか難しいですよね!

なので基本的には

 

「範囲を区切って全出し」
 ↓↓

「選別・分類」
 ↓↓

「残すモノのみ元へもどす」

 

という流れで進めますが
そうなるとまさに、ご質問どおりの迷いが出るかと思います。

 

片づけに正解はないので
最終的にご自身がラクなら何でもOK♪ ですが

 

片づけ作業の現場では場所別に全出しする際
「あ、別の場所にも同じものがある!」と気づいたら

その時点で基本、同種のものを1か所にかき集めてしまうことがほとんどです。

 

だから、作業箇所が広いと出るわ出るわ(笑)

 

使用頻度低めのモノは特に1か所に集めたほうが在庫量が見え
ムダ買いがなくなり、忘れにくくなりますよね。

 

全エリアの選別が終わり、アイテム別に全体の物量が確定してから
定位置決め…

といった流れで進めることが多いです。

 

もちろんこれは正解というより、事例の1つ。
あなたがやりやすい順番を探していってくださいね。

Kさま、ご質問ありがとうございました!

【無料】忙しい事業主が時間とお金を捻出できる整理術メール講座

時間・金銭・精神のムダを省き、あなたの業務効率を0円で上げるコツを【無料】でご紹介。メール講座に沿って作業いただくだけで、あなたのデスク周りがスッキリ!やる気維持にもご活用ください。
← 左のバナーをクリックして、メール講座を無料でゲットできます♪

メール講座の内容など、詳細はこちら 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です