在庫の適正管理を促す「発注点」の決めかた – 売上が上がる在庫管理&オフィス整理のコツ – 売上アップ・業務効率化ならオフィス片づけ110番。オフィス片づけ・在庫管理改善ならお任せください!【埼玉県・東京23区対応】

まず最初に、
 
●すぐになくても大丈夫、
アスクルや店頭などで、今日明日に手に入るといった類の備品については

厳密な管理は必要ありません。
管理の手間がもったいないですし^^
 
 
一方で 

●在庫が切れると販売(機会)損失が大きそうなもの
納期が長めのもの
オーダーメイドのもの に関しては

きちんと管理していくのがオススメとなります。
 
 
たとえば

・売れ筋の商品
・サンプル
・原材料

・パンフレット
・教材

といったものかなと。
 
 

管理には少し
手間ヒマをかけていくことになりますので

ここは最初に切り分けましょう^^
 
 
 
そして、前回は
こういった流れが大事だよ~といったお話をしました。

1週間に1回x4週間 出庫した数をデータにとる

●4週間の出庫数を合計し、4で割って平均を出して
発注点をきめる

●毎週月曜日の夜に在庫の数をチェックして
発注点以下のものを見つけたら 発注する。

 
今日は最初の2つ「発注点」につき、ご紹介しますね^^
 
 
●4週間分の販売データをとり、平均値を出す

ヤマグチは
商品数200以上 毎日、2-30件の発送がある会社で
週1レベルの管理を行っていました。

もし そこまで件数がないよ、というなら
1か月分x4か月間 の記録をとればちょうどいいと思います。

たとえば

1週:6
2週:4
3週:7
4週:3

であれば、

6+4+7+3=20
20÷4=5

ということで

1週間(1か月)平均で5個 
販売(出庫)していることになります。

画像の説明 
 
それほど長納期でないものに関しては
残り5個に達したら不足分を発注

といったイメージで大丈夫です。
 
 
・即納でないもの
・発注間隔が1か月を超える場合

・ちょっと不安を感じる
 
 
のであれば
安全在庫として+1~数個を考えてもいいでしょう。

※注)発注点、本来はもう少し複雑な数式にあてはめて算出されますが、なるべくカンタンにという視点からのご紹介となります 

 
もし、あらかじめ
出荷予定がわかっている場合

たとえば、いつものお得意さまから
多めに注文をもらっているのであれば

その分は差し引いて考えていけると
安全ですね^^
 
 
私生活でいえば

家族の誕生日パーティ用の食材はパーティ用として

ふだんの食材とは別に考えて買う

みたいなイメージです。
 
 
この作業を繰り返していくと次第に

●よく売れている商品
●ほとんど動いていない商品 も数字で見えてきます

から、どれにテコ入れしてどれを見直すべきかも
判断しやすくなるでしょう。
 
 
「定期的に発注を行う」については、次回以降に改めて^^


あなたもノーリスクで、時間・お金・集中、本業に集中できる環境を手にいれませんか?
↓↓


無料メール講座お申込みフォーム
お名前  *
メールアドレス  *

【無料】忙しい事業主が時間とお金を捻出できる整理術メール講座

時間・金銭・精神のムダを省き、あなたの業務効率を0円で上げるコツを【無料】でご紹介。メール講座に沿って作業いただくだけで、あなたのデスク周りがスッキリ!やる気維持にもご活用ください。
← 左のバナーをクリックして、メール講座を無料でゲットできます♪
メール講座の内容など、詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)