なかなかやる気が出ないときの対処法

先日ご訪問した経営者さん。

 

私が部屋に入ろうとした瞬間

「スミマセン!できてません!!」

と、謝られました(笑)

 

こういう仕事をしていると、コワイ、と思われがちなんでしょうか…(^^;

 

でも、特に起業家・経営者・個人事業主さんってやることが山積み!

私自身、慌ただしい折には荒れますから
「整理」がいちばん後回しになってしまうのはごく自然ですよ~と 思ってますし、
怒ることはありません。

 

なかなかやる気出なかった
とのことなので

今日、できそうに思えることは何でしょう?
と伺ったところ

 

ネクタイ!

とおっしゃるので

じゃ、そこからで~^^
と 仕分けを開始。

10分程度でサクッと終わりました。

 

そうしたら、なんと!
書類や書籍が積まれたデスク上にいつの間にか着手されていたんです。

デスク上って、一番最近の、動いている(処理中の)ものなので
実はいちばん難しいはずなのですが…

 

「あれ?!先生いると進むな~?」

とひとりごとを仰りながら、仕分け。
(私は、シェルフの空きスペースを広げる作業をしておりました)

 

なんとデスク上の山を、おひとりでカラにされて

「やった!気持ちいい!!」

と笑顔爽やかに 達成感をかみしめておられました。
この達成感こそ、次回につながりますよね^^

 

ここでのポイントは2つ。

 

1)やりやすそうなところから、とりあえず始めてみる。

これは、片づけ以外でも同じですよね~
大きなプロジェクトは小さく砕いて、やりやすそうなところから着手

そうすると、少しずつエンジンがかかってきます。
めんどくさいこと、ハードルが高いことも
気がつけば終わっている なんてこともしばしば。

 

2)他人と一緒にやる

これは、アメリカの片づけのプロの間では「ボディダブル」と呼ばれる手法なのですが
要は、寄りそって、共に作業を進める…といった意味合い。

同じ作業をする他人が傍にいるだけで、励まされますし
独りのときよりも、逃げにくい(笑)
単純にこれだけでも集中でき、作業が進みやすくなります。

 

なので、整理作業はもちろんのこと

子どもや家族、スタッフ、周囲の人に対して
勉強、仕事、何らかの作業を促したいときには

単に「やれ!」というだけではなく 一緒にやる。
これが大きなきっかけの1つになるかと考えています。

ご依頼いただく最大の理由

実は、私にお声がけ頂ける最大の理由が

「(必要だけど)独りじゃ、やらない」

 

そして、終わった後のご感想で最も多いのが

「独りじゃ、できなかった」

です。

 

独りじゃ進まない~!
とお困りの起業家さま、事業主さま、経営者さまからのご相談、心よりお待ちしております^^

【無料】忙しい事業主が時間とお金を捻出できる整理術メール講座

時間・金銭・精神のムダを省き、あなたの業務効率を0円で上げるコツを【無料】でご紹介。メール講座に沿って作業いただくだけで、あなたのデスク周りがスッキリ!やる気維持にもご活用ください。
← 左のバナーをクリックして、メール講座を無料でゲットできます♪
メール講座の内容など、詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)