続・他人に動いてもらうための3要素

前回、人に動いてもらうためには下記3つが必要、とお伝えしました。

1)主張する本人が率先してやる。
  でないと、他人はついてこない

2)なぜやるのか?
  目的も、相手なりに考えてもらう

3)自己決定させる

 

先日、同業者とも情報交換しましたがやっぱり、
指示出しだけで自ら動かない社長の会社では

成果はまったく上がらないそうです(^^;

 

そして、

相手に行動してもらうのにとても大事なのが

2)目的を当事者に考えさせる

3)自己決定させる

すぐに指示出し・アドバイスはNG

私もこの仕事を始めて初期のころは

こうするといいですよ~
ああしましょうよ!

と あれこれクライアントにお伝えしていましたけど

 

 

まるで動かず・・・

 

 

当事者意識をもってもらうためにも、あれこれ助言せず
ご自身で答えにたどりついてもらうのが不可欠!と

ほどなく思い知ることになりました。

実は2)3)は
超やり手の経営者さん2人に

「従業員に(5Sを)やる気にさせるために
社長ならどうします?」と尋ねて

得られた共通の回答でもありました。

 

組織運営の鉄則!でもあるのでしょう。

整理にあてはめると?

・まずはあなたからやる。

・本人に整理の目的を考えさせる

・「いつ、何を実施するか」
 本人に決めさせる 

といった流れになるでしょうか。

 

即効性はないし、メンドウで忍耐もいりますよね!
でも

同僚や部下、手ごわいご家族・・・
たとえば親御さん、配偶者、思春期のお子さまなどには

この点、意識して接することをおススメします。

 

今日もここまでお読み下さり、ありがとうございました!

【無料】忙しい事業主が時間とお金を捻出できる整理術メール講座

時間・金銭・精神のムダを省き、あなたの業務効率を0円で上げるコツを【無料】でご紹介。メール講座に沿って作業いただくだけで、あなたのデスク周りがスッキリ!やる気維持にもご活用ください。
← 左のバナーをクリックして、メール講座を無料でゲットできます♪

メール講座の内容など、詳細はこちら 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)