売上アップ・業務効率化ならオフィス片づけ110番。オフィス片づけ・在庫管理改善ならお任せください!【埼玉県・東京23区対応】

相手が受け入れやすい、伝え方のコツ

相手が受け入れやすい、伝え方のコツ

ちょっと間が空きましたが前回は

よく会う相手の場合
ストレスやリクエストは何らかの形で
伝えていこう

肝心なのはどう伝えるか だ、

といったこと、取り上げました。詳しくは
⇒ してほしいこと、相手へ伝えてますか?

今日はその伝えかたのアイデアを。

いろんなやり方があるかと思いますが
私が心がけているのはこの2つ。

●1.受け入れてもらいやすいタイミングを狙う

リクエストは伝えるタイミング次第で
与える印象や、相手の気持ち的な準備が変わります。

なので、
家族や親しい人に対しては
「機嫌よさそうなとき」

会社では
「時間的ゆとりがありそうなとき」
を狙って声かけをします(していました)。

家族でしたら

満腹になったり

リラックスしていて
ゲームやテレビなど他のことに夢中になっていないとき
ですね^^

会社などではこんな前ふりを。

「お忙しい中スミマセン
ご報告とご相談したいことがあるので
一段落したら10分ほどお時間いただけますか?」

※相手が年上の部下であっても丁寧に



そうすると相手は
しっかり話を聴く姿勢で時間を空けてくれました。

他人がそばへきたり、電話がかかってきたりで
うっかり 寝ている夫を2度ほどゆさぶり起こしてしまい
あわてて謝ったことがありましたが

機嫌はサイアク

夫にアクセスを試みた方への印象まで
一気に悪くなってしまいました。

やはりタイミングって大事みたいです(^^;


画像の説明

●2.相手にとってのメリットを添えて

相手にとってのメリットがあるかないかで
結果が変わります。

このリクエスト 私だけの都合になってない?と
伝える前にチェックしてみてください。

相手にとってのメリットを考えて
あわせて伝えてあげると

自分ごととして
動いてくれやすくなりますよ。

整理1つとっても

「元に戻してください」

とただ伝えるより

「どこで何があるか誰でも一目でわかるよう、元に戻してください」
(理由を添える)

ほうが効果的。

さらに

「元に戻していただけると、誰でも何がどこにあるかがわかるので
あれどこですか?と時間外に電話で呼び出されることもなくなりますよ」
(ポジティブな目的を添える)

といった感じに伝えられればなおヨシ!
といったイメージです。

本人が少しでも
前向きに努力しているなら
頑張ってくれてるよね、と承認を加えることで

さらに受け入れてもらいやすくなりますよ。

ということで
伝え方のアイデアをご紹介しました。

でも、できれば
言わなくても伝わればいいのに…とか
思いません?

リクエストの種類にもよりますが
言わずに伝えるのが可能な場合もあるんです。

次回はそんな事例をご紹介しますね。



ここまでお読みいただきありがとうございます。

無料「ノーリスクで時間・お金を捻出する7step整理術メール講座」

画像の説明

ノーリスクで業務効率と売上を上げる方法。各回のワークをこなすと、仕事がはかどるデスク周りになります。

詳細は画像クリック

無料メール講座お申込みフォーム
お名前  *
メールアドレス  *


コメント



認証コード5967

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional