売上アップ・業務効率化ならオフィス片づけ110番。オフィス片づけ・在庫管理改善ならお任せください!【埼玉県・東京23区対応】

クライアントの満足度を上げるための「質問」

クライアントの満足度を上げるための「質問」

昨日は 所属団体のからみで
プロフィール写真撮影の準備?も兼ねて

行ったことのなかった
初めての美容院へ行きました上尾のマンツーマン美容室BlueMoon

そこのスタイリストさんの対応が
すごく興味深くて勉強になりましたので
ご紹介しますね^^

髪型にまるでポリシーのない私に
まず彼が聴いてきたのは

「どうしたいですか?」

そして

「どう見られたいですか?」

ということでした。

今使っている写真は
どちらかというと女性向け?

やわらかいイメージで撮ってもらっているけれど

今回はせっかくの機会なので
ちょっとお固めに企業や事業主さん向けの1枚を
考えている、

とお伝えしたところ

それならば あまり段を入れずに
後頭部に斜めのラインをつくって

上をふわっと
下をまとめ気味にいきましょうか、

という感じで

ちょっとふだんとは違う感じの
まとまったボブになりました。

で 彼の話で興味深かったこと。

「どうしたいか」
がない場合は

「どう見られたいか」
 
 
そのリクエストを実現するために
パーマという「手段」が必要となるならば
提案することもあるけれど

パーマをかけても
それなりの効果が得られなかったり

逆効果になるようだったら
提案しちゃダメですから!

とのこと。

今まで行った美容院ではよく

パーマかけると
もちがいいですよ~

とか勧められていたので
目からウロコでした。

もしそうなら、
電話予約やお店に行って最初に

カットですか、パーマですか
って質問されることがしばしばありますが

これ、ひょっとして
おかしくありません?

と伺ったら

絶対おかしい!!

ですって。


画像の説明

パーマ、カットといった
サービスメニューありきではなく、まずは

「どうしたいか」
「どう見られたいか」

をかなえるための
カット、ヘアスタイル。

これ、美容院以外でもまったく同じですよね。
 
 「何を実現したいか」

が先にあり、
それをかなえるための手段を後から考える。

片づけ整理では特に
ついこれが逆になっていることも
少なくありませんが

ここをぶれさせないことが
実現したいことに確実に近づくキモとなりますし

悔いのない選択、実のある投資に
つながります。

ご自身でお仕事をされている方なら
なおさら徹底して
意識していきたいポイントではないでしょうか?

私自身も改めて
肝に銘じたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

無料「ノーリスクで時間・お金を捻出する7step整理術メール講座」

画像の説明

ノーリスクで業務効率と売上を上げる方法。各回のワークをこなすと、仕事がはかどるデスク周りになります。

詳細は画像クリック

無料メール講座お申込みフォーム
お名前  *
メールアドレス  *


コメント



認証コード4446

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional